So-net無料ブログ作成
検索選択

おたんじょうびおめでとう [そーちゃんのこと]

1年前の今日、そーちゃんがようやくわたしたちに会いに来てくれました。

今頃は「陣痛がくると赤ちゃんの心音が落ちて心配だから赤ちゃんのためにも安全策をとって帝王切開しましょう」と当直の医師から言われ、日曜日だったので執刀の先生と手術室の看護師さん達に出勤してもらうのを待っていました。たまたま麻酔科の医師は休日出勤されていたそうで、麻酔の準備はすぐに進めてもらえました。
すでに陣痛が始まって24時間以上経っていて、朝から使っていた陣痛促進剤への反応も薄く「これは自然では無理だな」って自分でも感じていたので、早く帝王切開してもらって赤ちゃんに会いたい、痛みと吐き気から解放されたい(陣痛始まってから、2L以上吐きました・・・)の一心で過ごしてました。
LDRは南向きで、8階だったのでものすごく日当りがよく、外は寒かったんだろうけどブラインドを降ろしてないと眩しくて、暑くてたまりませんでした。

なかなか生まれず苦しんだ2日間。きっとそーちゃんもお腹の中で苦しかったよね。
もっと早く、前日の夜中、心音が落ちた時点で帝王切開してもらえていれば・・・なんて時々思います。あの時は助産師さんや医師がやってきて大騒ぎだったけど、わたしはそんな深刻なことだとは全然思ってなくて、寝返りをうったときにNSTのベルトがずれちゃったんじゃないの?なんてのんきなことを思ったりしていて、ほんとにそーちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今日は夫が午後休をとってくれたらしく、もうじき帰ってくると思います。
ケーキを予約したので取りにいって、おうちでお祝いディナーかな。
誕生日プレゼントに編んでいるケープも完成まであと一息なので、夫が帰ってくるまでまた続きを編みたいと思います。

そーちゃんのお空でのお友達のママからプレゼントが届いたり、幼なじみのSちゃんからなにやらでっかいプレゼントも届きました。夫が帰って来たら一緒にあけてみます。あとは実家の母からはそーちゃんへのお小遣いも。このお小遣い、金額が多すぎて却って使いづらい・・・。いやいやありがたいですけどね。一部だけお花を買ってあげるために残して、あとは貯金しておきます。まだまだしばらくはお骨を手元から離す気持ちにはなれないけど、それでもいつかはお家を買ってあげなきゃいけないからね。

そーちゃん。

おとうさんとおかあさんに会いにきてくれてほんとうにありがとう。
今でもなんでそーちゃんはここにいないのかな?って悲しくなってしまうことも多いけど、それでもそーちゃんに会えてほんとうに嬉しかった。
そーちゃんのにっこり笑顔の写真はおとうさんとおかあさんの宝物だよ。

・・・とここまで書いたところで夫が帰って来たので中断。
その後、デパートにプレゼントを買いに行きました。いろいろ迷って帽子を購入。ちょっとそーちゃんベアには大きかったかな。

ちなみにそーちゃん誕生の3時49分はなんと車の中で睡魔に襲われ意識を失っていたというショックな迎え方・・・。自分が恨めしいです。

読んだよ!の応援ポチ、お願いします。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 2

コメント 2

ぴぴ

はじめまして。
ブログ拝見して泣きました。

私も昨年一人娘を心臓の病気で亡くしました。
2月に生きていたら3歳の誕生日を迎えます。お空に帰ってまだ日も浅く、その日をどうやって迎えるか考えつかなくて…

高齢&体外で授かった娘、私の宝物でした。
もっと一緒にいたかった。
もっといろんなことをしてあげたらよかった。
小萩様のお気持ち痛いほどわかります。
そしてまた子供を授かりたい、その気持ちも同じです。

私の年齢ではもう難しいことも承知しております。
治療も再開しましたが、結果につながるかどうかはわかりません。でもやれるだけのことはやってみたいと思います。
年齢を考えると残り時間はあまりありませんので。

ただ、まだ娘のことを思うと悲しくて心が揺れて、こんな不安定で不妊治療を乗り切れるのかという不安も大きいです。
なるべく心穏やかに暮らすよう心がけたいですが難しいですね。

そーちゃんおたんじょうびおめでとう。
お空での毎日が楽しく幸せであるよう祈ってます。

また来させて頂きますね。



by ぴぴ (2013-01-31 10:38) 

小萩

>ぴぴさま
はじめまして。お返事遅くなってしまいごめんなさい。

ぴぴさんも娘さんを亡くされたとのこと・・・まだまだ辛いですよね、悲しいですよね。
2月のお誕生日はいつ頃でしょうか。うちのそーちゃんも一緒にお空でお誕生日パーティーやるんでしょうね。

気持ちがまだまだ不安定なのに不妊治療にのぞまなければ時間的に厳しい・・・その不安、辛さよくわかります。わたしもあと5歳若かったらもうしばらくはただただ息子のことを思っていたかったなといつも思います。

悲しみに蓋をしてしまうことはあまりよくないことだとカウンセラーさんから言われました。だから悲しい時は泣いていいんだと思います。そんなにすぐ心穏やかになんて過ごせませんよね。ましてや娘さんは2歳。たくさんたくさん思い出がおありでしょうから・・・。

ぜひまたいらしてくださいね。
by 小萩 (2013-02-05 18:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。